パナソニック、ハイエンドミラーレス「GH5」は動画向きカメラかも

パナソニック、ハイエンドミラーレス「GH5」は動画向きカメラかも

このところミラーレスカメラの新製品が、次々と発表されている。
時代の流れとしては、ミラーレスにシフトしていくと思う。ミラーのある一眼レフは、フイルム時代の名残だからだ。
パナソニックから出てきたミラーレスの新製品は、動画向きともいえるスペックになっているようだ。

 

パナソニック、ハイエンドミラーレス「GH5」正式発表 全画素読み出し6Kフォトや4K60fps動画撮影に対応 録画時間に制限無し ITmedia LifeStyle

パナソニックは1月25日、開発発表を行っていたミラーレスカメラ「DC-GH5」を正式発表した。3月23日から販売を開始する。価格はオープンで、実売想定価格はGH5ボディーが24万円前後、「LUMIX G VARIO 12-60mm / F3.5-5.6 ASPH. / POWER O.I.S.」とのレンズキットが27万円前後となる。

(中略)

GH5は静止画はもちろんのこと、動画性能にも力を入れている。4K動画はセンサー中心のクロップではなく、センサー全域から全画素読み出しの上60p での記録が可能になる。他にもプロフェッショナル向けとして4:2:2 10bitの4K30p記録や、2017年夏にはファームウェアアップグレードで4:2:2 10bit ALL-Intra記録にも対応する。フルHD記録時には最大180fpsまでのスローモーション撮影もできる。

▼パナソニックのDC-GH5の製品紹介より

DC-GH5
DC-GH5

 

動画は4Kが標準になりつつあるが、60pというのは少なかった。テレビでは4Kはまだまだ普及しているとはいいがたいのに、カメラが先行して4Kに対応するという不思議な流れになっている。テレビ放送が4Kに本格的に移行するのは、早くても2020年の東京オリンピック以降からではないかと思うが、そういう意味では放送業界は遅れている。2011年に2Kのデジタル放送に無理矢理移行して、まだ6年しか経っていないため、4Kのために新たな設備投資をする余裕がないのだろう。

動画サイトでは4K対応は出てきているので、この調子では4Kじゃないテレビは見ない……なんてことになってしまうかも。

製品スペックでは、センサーサイズは「4/3型Live MOS センサー」となっているが、こういう表記だと大きさがわかりにくい。サイズのミリ単位表記を併記して欲しいものだ。

で、各種センサーサイズを比較したサイトがあったので、参考までに。

カメラと散歩「センサー実寸比較」

センサーサイズの比較図
センサーサイズの比較図

ということで、「4/3型Live MOS センサー」はAPS-Cより小さく、1インチよりは大きい。まぁ、ちょっと微妙はサイズではある。一般的なビデオカメラのセンサーサイズは、1/2.5が多いので、それに比べるとかなり大きい。とはいえ、フルサイズには劣る。もっとも、フルサイズで4K・60pで撮れる一眼レフはまだ登場していないので、その点では優位ではある。

一眼レフの場合、ボディ本体の性能だけでなく、レンズも合わせて考えないといけないので、パナソニックはそこが弱点ともいえる。LUMIXのレンズはLeicaとの提携でライセンス生産されているが、焦点距離のバリエーションが限られているので、いまいち魅力に乏しい。また、サードパーティのレンズも限られるため、選択肢があまりない。

総合的に考えると、どうしてもパナソニックのカメラでなきゃ……という訴求力が乏しかった。
そこに、GH5である。
静止画カメラとしてGH5が欲しいとは思わないが、動画カメラとしては魅力的だと思う。パナソニックの狙いもそのへんにありそうだ。

ビデオカメラの上位機種として捉えるなら、レンズ交換可能なGH5は、よい選択かもしれない。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です