作家直販サイトの構築・顛末記(1)

作家直販サイトの構築・顛末記(1)

フォーラムの「ラウンジ」>「作家直販サイトの構築」で経過報告をしていた話題の詳細編。

作家直販サイトを構築する。

通常、撮影した写真を販売したい場合には、既存のストックフォト運営会社に登録して販売する。それが手っ取り早いし、面倒なことも少ない。
だが、既存のストックフォトでは売りにくい写真や、超マイナーな分野の写真は、扱ってくれない場合もある。
ならば、自分で売るサイトを作ればいいじゃないか。

……というのが、ことの発端。

自分で作品を売っているサイトは、あるにはある。
だが、既存のストックフォトサイトのように、サイズ別の販売や、買いやすい決済の方法まで用意している個人サイトは、極めて少ない。私の知る限り、国内では目にしたことがない。

そこで、個人のストックフォトサイトを構築することにチャレンジした。
これは、その顛末記である。

完成形はこちら→ ISAYAMA’s StockPhoto

WordPressのプラグイン「Sell Media」を使う

ストックフォトサイトを、1から作るのは難易度が高い。
そこで、ベースとなるシステムを実装したアプリケーションが必要になる。

私が目をつけたのは、Wordpressのプラグインの「Sell Media」だ。

これについての取り上げている日本語サイトは、1つしかなかった。それも実際に運用しているわけではなく、こういうのがあったという概略の紹介だ。
実装するためのノウハウは、自分でやってみるしかなかった。

Sell Mediaのインストール

WordPressをすでにインストールしているという前提で、Sell Mediaのインストールをする。

WordPressのメニューの「プラグイン」から、「新規追加」をクリックして、キーワード検索に「Sell Media」と入力する。
検索結果に「Sell Media」が出てくるので、「今すぐインストール」して「有効化」で、インストールは完了。

Sell Mediaの日本語化辞書ファイル

私がSell Mediaの導入を始めたのは、じつは2017年2月頃から。テスト的に試していたので、サーバーの中にサブフォルダを置いて、その中に新たにWordpressを入れSell Mediaを導入していた。

当初、Sell Mediaには日本語に対応した辞書ファイルがなかった。日本は対象外だったのだ。
そこですでにある別言語の辞書ファイルから、私が翻訳して日本語辞書ファイルを作った。その日本語辞書ファイルを、開発元である「GRAPH PAPER PRESS」に提供した。なので、現在のバージョンには日本語化辞書が付属していて、日本語環境でも使えるようになっている。

日本語辞書ファイルは……
wp-content > plugins > sell-media > languages
……の中にある、

sell_media-ja_JA.po
sell_media-ja_JA.mo

という2つのファイルだ。
このままでも使えるのだが、私が試してみたところ、一部の翻訳が有効になっていなかった。
通常、翻訳ファイルは「ファイル名-ja.mo」なのだが、なぜか「-ja_JA.mo」という表記になっている。ちなみに拡張子が「.po」の方は、編集用のファイル。辞書ファイル編集用アプリケーションを持っていれば、自分で編集できる。

この問題を解決するために、翻訳ファイルをダウンロードして、ファイル名を「sell_media-ja.mo」「sell_media-ja.po」に変更。
そして、翻訳ファイルを置く場所は、もっと上位のディレクトリにアップロードする。
場所は以下。
wp-content > languages > plugins
こちらに入れたファイルの方が優先的に読み込まれる。こうすることで、翻訳ファイルに内蔵している日本語化は、ほぼ全部有効になる。

翻訳辞書ファイルがあってもなお、英文のままの箇所はある。
なぜなのか調べてみると、辞書ファイルとのひも付けが違っていたり、翻訳対象となる英文そのものが抜けている箇所があった。
たとえば、
wp-content > plugins > sell-media > inc
……の中の「class-search.php」にある英文表記は、辞書ファイルから抜けている。なので、ここは直接phpファイルを日本語に直して、UTF-8形式で保存し、アップロードで上書きした。日本語が混じるときは、UTF-8にする必要がある。

ほかにも英文が残る箇所があり、どうしても気になるようだったら、元のphpファイルを書き換えるといいだろう。

日本語化すると、Sell Mediaは「販売作品」という名称で、Wordpressの左側メニューに表示される。

WPの左メニュー
WPの左メニュー

この「販売作品」の中の、各メニューから設定や作品のアップロードを行っていく。

作家直販サイトの構築・顛末記(2)につづく)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です