返信先: 新製品情報【NIKON D850 or D820関連】

photo-forum.jpへようこそ フォーラム一覧 撮影関連 新製品情報【NIKON D850 or D820関連】 返信先: 新製品情報【NIKON D850 or D820関連】

#868
ISAYAMA
ISAYAMA
キーマスター

D850の詳細スペックがリークされていました。

ニコンD850の詳細スペック

– FXの一眼レフで画素数は45.75MP(ローパスレス)
– D5と同じEXPEED5プロセッサ
– 連写はMB-D18 + EN-EL18a使用時に9コマ/秒、本体のみ7コマ/秒
– 連写枚数は14bit非圧縮RAWで51枚
– 3.2型可動式235.9万ドットタッチ式液晶モニタ
– D5&D500よりも機能豊富なタッチパネル
– プレイバックで「I」ボタンを使った素早い拡大
– プレイバック:完全なタッチパネルによる操作
– メニュー:完全なタッチパネルによる操作
– ライブビュー:タッチメニュー、タッチAF、タッチシャッター
– 8Kタイムラプス
– 4K動画
– ISO64-25600(拡張でISO32-108400)
– D5と同じ153点AFシステム(暗所は中央は-4EV、それ以外は-3EV対応)
– AFの画面のカバー範囲はD810比で130%の大きさ
– 通常の1/2の大きさの測距点のスポットエリアAF
– 45MP静音撮影モード
– OVFの倍率は0.75倍(現在の全てのデジタル一眼レフで最大の倍率)
– D5と同じ18万ドットRGBセンサー、顔認識とシーン認識の精度向上
– 深度合成(他社のソフトウェアが必要)
– 深度合成の最大の枚数は300枚、ピントの間隔調整10段階、連写5コマ/秒
– 電子シャッターによる45MPの無音・無振動の静音撮影モード、
– 静音撮影モードの連写はAF/AE固定で6コマ/秒
– 静音撮影モードで8MPでは30コマ/秒(最長3秒、DXモード、AF/AE固定)
– 自然光でより良好な色再現の新しいナチュラルライトAWB
– 照明付きのボタン
– RAWのサイズでL、M、Sが選択可能
– 拡張された多重露出機能
– アスペクト比1:1が追加
– SDとXQDのデュアルカードスロット

連写が最大9コマ/秒はいいですね。鳥や飛んでる昆虫で威力を発揮しそう。

また、いままで噂として出ていなかった、「深度合成の最大の枚数は300枚、ピントの間隔調整10段階、連写5コマ/秒」というのに、とても魅力を感じます。
マクロ撮影では、絞りを絞っても、対象物の大きさが1センチくらいで、2倍マクロにすると数ミリの幅でしかピントが合わないので、これまでは手動でピントをずらして深度合成していました。
それがピント間隔調整を自動でできるとなると、かなり作業が楽になります。
これはいいなー(^_^)

発表日については、8月16日という情報も出ているようです。

楽しみですね。