撮影機材の重要性

このトピックには3件の返信が含まれ、2人の参加者がいます。2017年3月6日 at 21:17ISAYAMA ISAYAMA さんが最後の更新を行いました。


フォーラムへの投稿方法などは「フォーラムの使い方」を参照してください。


  • 投稿者
    投稿
  • #396
    ISAYAMA
    ISAYAMA
    キーマスター

    写真を撮るためにはカメラが必要。
    当たり前のことですが、これはとても重要ですね。

    ストックフォトの写真は、クオリティが求められます。
    クオリティとは、作品としての質だけでなく、画像としての質も含まれます。ノイズの多い画像では、作品の質以前にボツにされます。
    そのクオリティの基本は、カメラの性能が左右するといっても過言ではありません。撮影テクニックやセンスも必要ですが、カメラが貧弱であればカメラの性能以上のクオリティにはなりません。

    弘法筆を選ばず
    という故事がありますが、意味は……

    能書家の弘法大師はどんな筆であっても立派に書くことから、その道の名人や達人と呼ばれるような人は、道具や材料のことをとやかく言わず、見事に使いこなすということ。
    下手な者が道具や材料のせいにするのを戒めた言葉。

    私はこの故事に異を唱えています(^_^)
    じゃ、トイレットペーパーにボールペンで書を書いてみてくれよ……と。
    まず書けません。書けたとしても、それが名書として後世に残ることはないでしょう。
    優れた書の作品を書くのには、前提として優れた道具が必要なのです。

    最近はスマホのカメラの性能も上がってきて、一昔前とは雲泥の差になっています。それでも、一眼レフのカメラには及びません。物理的なカメラの性能がまったく違うからです。

    以前は、スマホカメラでの写真は問答無用でNGでしたが、現在はスマホで撮った写真を扱うストックフォトも出てきました。スマホが有利な点は、常に持ち歩いていて、とっさのときのタイムリーな写真を撮ることが可能な点です。
    それはニーズの違いです。

    一眼レフカメラでの写真は、意図を持って撮る計画的な撮影です。そこに撮影者の個性やセンス、テクニックが問われます。
    そして、カメラに何を使っているか?
    一眼レフでも、センサーサイズがAPS-Cのものやフルサイズのものがあり、さらには画素数の違いもあります。カメラメーカーによって、写真の仕上がりが変わってくるため、どの機種を使うかでも微妙な違いになったりします。

    弘法筆を選ぶ……のです(^_^)

    いいカメラ、性能のよいカメラは、価格も高価になります。
    つまり、それなりに投資をしないといけないことになります。そこが悩ましいところですね。
    カメラだけでなくレンズも…………と、よい道具をそろえるのには難儀します。

    私は現在、NIKON D800を使っていますが、このカメラとレンズを買うためにつぎ込んだ資金は、これまでのストックフォトの売上で、回収はできています。
    次のステップとして、顕微鏡写真とか天文写真とかをやりたいと思いつつも、なかなかスタートラインにつけないでいます。
    顕微鏡であれば、そこそこ性能的によいものだと20万円くらいしますし、研究所などで使うような本格的な顕微鏡だと少なくとも40万円くらいはかかります。そうそう簡単には買えないのです(^_^)b

    撮影機材の悩みはつきないですね。

  • #481
    ALPHA TEC
    ALPHA TEC
    キーマスター

    仰る通り撮影機材にはお金をかけないとどうしても撮影できない構図も出てきます
    一般的なものとしてストックフォトを始めると被写体が簡単なテーブルトップフォトを始めます
    当然接写になりますのでそのためにはマクロレンズが必要となるのですが被写体によっては
    手前から奥までピントを広く取りたいなんて思うこともあります。

    それには絞りをF11~F16まで絞ってと考えますがマクロの接写では
    どんなに絞っても広いピントは取れません

    上の写真は普通のマクロレンズで撮影
    下の写真はアオリレンズで撮影(TS-E45mm)

  • #751
    ALPHA TEC
    ALPHA TEC
    キーマスター

    私はキャノンのカメラを使っているのですが新商品はやはり気にかかります
    5DsRというカメラもそのうちの一つですが画素数の大幅なアップということで
    期待しておりました。
    最近ようやくそのカメラで撮影された画像が出回ってき始めましたので
    等倍で画質を確認してみましたが・・・正直残念ですね
    画質には画素数は直接的な関係はあまりないような気がしてきました

    こちらにサンプルがあります
    http://ganref.jp/items/camera/canon/2771/photo/page:1/sort:created/direction:desc

    ノイズがかなり目立ちますね
    やはり1DXの方が性能的には画素数が小さくても断然上です。

  • #752
    ISAYAMA
    ISAYAMA
    キーマスター

    画素密度とノイズの多少は、トレードオフの関係ですからね。
    現状のセンサー技術では、両立は難しいと思いますよ。
    特に夜景では、ノイズが目立ちますね。ただ、現像ソフトで解消できる程度のノイズのように見受けられましたが。

    ベイヤー型のCMOSでは、性能限界に近づいているともいわれていて、飛躍的な改善は難しくなっているようです。
    そういう意味では、SONYのα7RIIの裏面照射型の方が、画質的には上でしょうね。
    このSONYのセンサーを、NikonのD850には搭載してほしいものです。


このトピックに返信するにはログインが必要です。